平成30年度後期研修医

募集対象科循環器内科(2名)

当院で働く6つのメリット

  • 1

    症例数が豊富

    救急、循環器疾患の研修に最適

  • 2

    早期戦力化

    早期からオペレーターを経験できる

  • 3

    国内・国際学会での発表

    学会発表、論文作成、英語論文も指導

  • 4

    資格取得をサポート

    認定施設だから資格取得もスムーズ

  • 5

    働きやすい環境

    寮・保育園完備、フィットネス使用可

  • 6

    職員の親睦を深める

    新人歓迎会、旅行、忘年会、各種同好会

2012年9月新病院開院 新しい環境で、新たな歴史を刻む 私たちと一緒に、新しい病院で働きませんか

後期研修の特徴

循環器内科

2015年はPCI1190件、CA316件、PM・CRT237件、ESC3題、日循4題/資格:内科学会専門医、循環器学会専門医、日本心血管インターベンション指導医を取得可能/特徴:早期から指導医監視下にカテ第一術者となる。身体所見、心エコーなども自ら経験し実技を学ぶ。PCIを着任早期に指導下に開始。循環器専門医18名が学会発表〜論文指導。

研修医の実績

内科(在籍期間:2013年4月1日〜2016年3月31日)

手法
CAG 752例
PCI 308例
アブレーション 2例
PMI、電池交換 14例
心筋生検 8例
経食道エコー 80例
シャントPTA 50例
下肢動脈PTA 5例

学術活動

  • 日循総会口述発表
  • 欧州心臓病学会
  • その他ソウル・シンガポールでの国際学会を含め発表多数

指導医からのコメント

循環器内科主任部長
廣畑 敦

当院は循環器に特化した病院ですので症例数は非常に豊富です。救急症例、他院からの紹介も多くあり循環器疾患の研修としておすすめできます。また、内科と外科の両面から最先端の医療をバランス良く行っていることを特徴とし、内科・外科シームレスな研修ができる施設です。
内科では循環器専門医10名、日本心血管インターベンション治療学会専門医2名で研修医指導に当たります。
また、研修医にもアシスタントではなく、早期からオペレーターとしてもやって頂くという方式をとっており、
「多くのAMI症例を自分で治療したい」
「忙しくてもいいからPCI、ペースメーカー症例を自分でたくさんやりたい」
といった意欲に燃えた先生にはうってつけと考えます。
さらに、若い先生方にも積極的に国内、国際学会で発表する機会を持ってもらっており、やる気さえあれば学会発表のみならず英語論文作成までお手伝いいたします。また、研修医終了後に海外留学も可能です。

当院での研修生活について

循環器内科
後期臨床研修医
由利 卓也

当院は全国でも有数の循環器専門病院で内科・外科共に多くの症例が集まるHigh Volume Centerです。後期研修医の1年目から主治医として診療に携わることができ、十分な量の症例数が経験できます。
また多くの指導医から体系的な指導を受けることが可能となっており、教育体制も整っています。例えば、当院は毎年1000件以上のPCI件数があり、学会代議員・専門医の先生の指導のもと、早期から第一術者を担うことができ、後期研修医の3年間で日本心血管インターベンション学会認定医の取得が可能です。
不整脈に関しては、徐脈性不整脈、頻脈性不整脈といった、common diseaseから心室頻拍、心室細動といった致死性不整脈に至るまで初期治療だけではなく、その後の治療、ペースメーカー治療、植込型除細動器治療、両心室ペースメーカー治療、カテーテルアブレーションなどまで学ぶことも可能です。
心臓超音波検査に関しても元川﨑病院循環器内科教授の吉田清先生の指導のもと経胸壁心臓超音波検査・経食道超音波検査を経験することができ、3年間で十分なエコー技術を身につける事ができます。
また、学会活動に関しても精力的に行っており、国内だけでなく、海外の学会発表についても積極的に行っております。その都度、病院から補助も受けることができ、上級医からの発表指導も受けることができますのでやる気さえあればどこの学会でも発表することは可能です。
また当院は循環器内科・心臓血管外科どちらも医師数が多いので、当直や待機も限られており、休みの日には丸々1日休日を過ごすことも可能になっております。当直は循環器内科専門医と2人で当直になりますので、不安な夜を過ごす事も無く、困った時にはすぐに相談することが出来ます。

このように当院では非常に恵まれた環境で研修を送ることが可能になっています。ホームページでは分からないこともたくさんありますので、是非実際足を運んでいただいて、いただければと思います。循環器内科一同お待ちしております。

当院は下記の学会認定・修練施設等をうけています

  • 日本胸部外科学会指定施設
  • 日本外科学会外科専門医制度修練施設
  • 日本外科学会認定医制度修練施設
  • 日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
  • 日本心血管インターベンション治療学会
  • ステントグラフト実施施設
  • 胸部ステントグラフト実施施設
  • 腹部ステントグラフト実施施設
  • 三学会構成心臓血管外科専門医認定基幹施設
  • 日本循環器学会循環器専門医研修施設
  • 不整脈専門医研修施設
  • 日本内科学会内科認定医教育関連病院施設認定
  • 日本糖尿病学会認定教育施設
  • 日本消化器内視鏡学会専門医制度指導施設
  • 日本消化器病学会専門医制度認定施設
  • 日本麻酔科学会麻酔科認定病院
  • 日本心臓血管麻酔学会心臓血管麻酔専門医認定施設
  • 経カテーテル的大動脈弁置換術実施施設

募集要項

募集対象科循環器内科(2名)

応募資格 卒後2年間の初期研修を修了もしくは終了見込みの医師、またはそれと同等以上の臨床経験を有する医師
給与 【3年次】
539,700円 総収入834,000円以上
【4年次】
552,200円 総収入846,500円以上
【5年次】
564,800円 総収入859,100円以上

通勤手当、宿日直手当支給。賞与 (夏・冬)あり
保険 各種保険あり
当直 月4回
当直料 53,000円/回
宿舎・住宅 あり(空きがあれば可)
研修終了後の進路 所定のレベルに達した者に、研修修了証を交付する(特に成績優秀者は、常勤医に採用)。
試験日 調整中
選考方法 書類審査、面接、筆記試験
書類送付先 〒700-0804 岡山市北区中井町2丁目5-1
心臓病センター榊原病院  総務人事担当 近藤(こんどう)
お問い合せ先 Tel.086-225-7111  Fax. 086-223-5265
E-mail:jinji@sakakibara-hp.com
  • ご質問があれば、お電話ください。(Tel.086-225-7111
  • やる気のある若い医師のチャレンジをお待ちしています。
  • 見学は随時受け付けますので、お気軽に事務長までご連絡ください。
PAGE TOP