補助人工心臓植込み手術

補助人工心臓植込み手術とは?

補助人工心臓植込み手術とは?

内科的治療の限界を超えた重症心不全に対する外科的な治療の一つです。
動力源を体外に有する人工心臓を体内に植込むことで心臓のサポートをします。
全身状態がよければ、在宅・社会復帰が可能です。ただし、現在は心移植の適応となる方のみに使用が限局されています。
しかし、臨床使用可能な補助人工心臓の種類も増えており、今後適応となる方も増える見込みです。
全国でも植込み手術が実施できる施設は限られており、
当院は2018年1月に実施施設認定を岡山で初めて取得いたしました(植込型補助人工心臓実施施設認定証 PDF)。
これまで以上に重傷な方のお力になれるものと考えています。

治療実績はこちら

多職種連携で質の高い医療を提供します

心臓病の中でも重症心不全治療は最も難しく、多職種による包括的な管理が必要です。当施設では様々な専門職のメディカルスタッフが集まり、お一人お一人にとって最適な医療を探り提供します。また、機械的補助循環・補助人工心臓などが必要となる最重症の方々も、お元気になっていただけるよう全力で取り組んでいます。病客さまの未来を照らせるチームとして、日々精進していきます。

重症心不全・補助人工心臓管理チーム

心不全チーム

PAGE TOP