「高度石灰化」へのカテーテル治療 ロータブレーター「高度石灰化」へのカテーテル治療 ロータブレーター

「高度石灰化」へのカテーテル治療

先端にダイヤモンドチップが埋め込まれた高速回転ドリルで、冠動脈の狭窄病変を削ります。

治療実績はこちら

ロータブレーターとは

冠動脈(心臓の筋肉に血液を送る血管)がコレステロールなどにより動脈硬化を起こして狭くなったとき、この病巣を削りとる治療です。
ロータブレーターの先端にダイヤモンドチップが埋め込まれた1〜2ミリ径のバー(Burr)を 毎分16〜20万回転させることにより、狭窄部分を削ります。(その後、バルーンやステントで拡張)

適応

バルーンやステントでは血管を十分に広げることができない高度の石灰化病変。(硬い動脈硬化)

メリット/デメリット

メリット
  • 高度石灰化には圧倒的に強い
デメリット
  • 合併症を起こしやすい(末梢塞栓、血管穿孔、低血圧)
  • 手技が複雑
  • 内服調整
  • 禁忌あり(3枝病変、解離病変、血栓性病変)
  • 施設や術者を限定
PAGE TOP