フットケア外来あなたの大切な足のために足の検診をしませんか?

いつまでも自分の足で
歩けるように

動脈硬化は心臓だけでなく、足や脳、全身の血管に起こっている可能性があります。動脈硬化により足の血流が悪くなると、足にできた傷の治りが悪く、最悪の場合切断に至ることもあります。また、糖尿病で血糖コントロールが悪い場合も、傷の治りが悪くなります。
当院には「フットケア外来」があり、皆様に「いつまでも自分の足で歩いていただきたい」という思いで、早期から足のケアに取り組んでいます。

フットケア外来ではどんなことをするの?

①足の観察をします

②足のお手入れ方法についてアドバイスします

爪が厚い、変形がある、靴擦れやたこ・魚の目がある、水虫がある、視力障害や麻痺などで爪が切りにくいなど、病客さま1人1人の状態に応じた足の洗い方、爪の切り方、爪やすりのかけ方など、正しい足の処置とお手入れ方法をアドバイスします。

③靴選びのお手伝いをします

足に合った靴の選び方をアドバイスします。(装具外来でオーダーメイドの中敷きを作成することもできます。)

お問い合わせ

外来日(予約制です) 火曜日・水曜日 14:00〜15:30
木曜日 9:00〜11:00
診察時間 30分〜45分程度
場所 外科外来
持参していただくもの タオル(足浴後の足拭き用)
お問い合わせ先 心臓病センター榊原病院 フットケア外来086-225-7111

正しいフットケアを身に付けることは合併症の予防にもつながります
足について気になることがある方はお気軽にご相談ください

PAGE TOP