入院中のリハビリ病客さまの早期回復・早期退院、退院後の継続リハビリをお手伝いします
チーム医療で365日切れ目なくリハビリを提供する体制を整えています

リハビリセンター(リハビリ棟2階)

病客さまの早期回復・早期退院、退院後の継続リハビリをお手伝いします

心臓リハビリについて不安なこと、ご不明な点がありましたら、お気軽に私たちにご相談ください。

心臓リハビリテーション実績

治療実績はこちら

心臓リハビリとは?

運動療法により、病気でダメージを受けた心臓の機能を回復させることが目的です。術後・退院後の病客さまの健康的で不安のない生活を取り戻します。

  • 心電図監視をしながら負荷運動
  • 自転車エルゴメーター
  • トレッドミル

なぜ心臓リハビリが必要?

運動能力と体力の向上だけでなく、心臓病の人の寿命を長くする効果もあります。
心筋梗塞後に心臓リハビリを受けた人はそうでない人に比べ再発を28%、死亡率を58%減少させたというデータがあります。
また、心臓リハビリを続けることで、心臓病の危険因子「高血圧」「高脂血症」「肥満」などの危険度が低下します。

手術をすれば病気は治るのでは?

リハビリをした人としなかった人では回復に大きな差が出ます。手術して早期にリハビリすれば心臓機能が回復し、再発予防につながります。

なぜ早くから心臓リハビリを始めるの?

絶対安静ではよくなりません。また、開始が遅ければ効果が薄れます。

心臓リハビリをしないとどうなる?

リハビリしないと、悪いままの心臓機能が固定されてしまいます。

心臓リハビリって、安全なの?

やみくもに運動を行ったのでは効果が得られるどころか逆に心臓への負担が増え、心臓病を悪化させてしまうので、自分でやるのはとても危険です。
当院の心臓リハビリでは、医師/看護師/理学療法士/作業療法士/言語聴覚士/心臓リハビリテーション指導士が心電図、血圧、心拍数を監視しながら、安全に運動療法を指導しています。

どんなことをするの?

当院ではICUから心臓リハビリを始めます。

  • ➀急性期
  • ➁回復期
  • ➂維持期
適応 説明
心臓血管外科術後
心筋梗塞
手術翌日よりADL(日常生活作業)訓練(座位、立位、歩行)を病室より開始します。状態が安定すればリハビリセンターにおいて運動療法を行います。
狭心症
慢性心不全
病棟での心臓リハビリテーションに引き続き、リハビリセンターにおいて運動療法を行います。
閉塞性動脈硬化症 歩行能力改善を目的に歩行訓練を中心に行います。

心臓リハビリテーション 病院NOW46号(2010年1月発行)

心臓リハビリテーションと聞くと、リハビリという言葉から単に病気やけがによって失われた機能を回復するためのものだけと思われがちですが、実はもっと大きな意味があります。

心臓リハビリテーションでは心臓の機能が低下した状態とそれによって起こった全身の機能低下を回復するとともに、再発予防や新たな病気の発症を防ぎ、社会復帰を目指していくことを言います。

心臓リハビリテーションで行う治療には運動療法が重要な柱になりますが、それだけではなく病気の知識や生活面での注意点、心理面など様々な事を習得していくことも重要になりますので、医師・看護師・保健師・理学療法士など様々な職員が病客をサポートし、包括的に行うことが大切です。

心臓リハビリテーションの対象になる病気には、心筋梗塞・狭心症、心臓の手術後、慢性心不全、閉塞性動脈硬化症があります。

そもそも心臓リハビリテーションがなぜ必要なのでしょうか。

第一に「運動能力と体力の向上」です。心臓病と医師からいわれると、運動を制限してしまいがちになり、段々と体力が低下してしまいます。

特に、狭心症や心筋梗塞になった方は生活習慣病が原因になっていることも多く、運動をうまく取り入れないことで病気を悪化させてしまうことさえあります。
心臓が悪いと体力がつかないと思われがちですが、そのようなことはありません。
たとえ心筋梗塞や狭心症になった場合や心臓の手術をした後でも、病気にかかる前より筋肉がつき、心臓の機能が回復して体力が向上し健康になる人もいます。

第二に、「心臓病の人の寿命を長くする」といわれています。
心筋梗塞後に心臓リハビリを受けた人とそうでない人とを比較すると、心臓リハビリを受けた人はそうでない人に比べ再発を28%、死亡率を58%減少させたというデータがあります。
このことからも、心臓の治療に心臓リハビリは欠かすことのできないものです。

しかし、やみくもに運動を行ったのでは効果が得られるどころか逆に心臓への負担が増え、心臓病を悪化させてしまいます。
運動は心臓に負担をかけない状態で、低下した全身の機能を回復させることが大切になります。
そこで、具体的な運動の方法を一部ご紹介します。

心臓リハビリで行う運動は主に有酸素運動と呼ばれる酸素を効率よく利用したものです。
歩行や自転車運動、エアロビクスなどが有酸素運動に含まれます。
特に、運動の強さを個人に合わせて設定することが心臓への負担をかけないで行う安全かつ効果的なポイントになります。

運動の適正な強さを判断できる検査に心肺運動負荷試験というものがあり、この検査によって有酸素運動を安全かつ効果的にできる強さがわかります。

心臓リハビリを受ける際に可能であればこの検査を行っていますが、検査ができなくても運動をしている時の心拍数や自覚症状(疲れ具合)で判断が可能です。
運動を始める際には医師や心臓リハビリのスタッフの相談受けてから行うことをお勧めします。

当院では心臓リハビリテーションを積極的に行っています。
心筋梗塞・狭心症の方はもちろん、心臓の手術を受けた方は手術翌日から座ったり、立ったりとリハビリが始まります。

そして、状態に合わせてリハビリテーションセンターで有酸素運動を中心とした身体機能の回復を目指し、退院後も再発予防や社会復帰に向けて外来での心臓リハビリも行っています。

心臓の病気をされた方で運動の方法や不安等で心臓リハビリを希望の方は担当の医師の診察後に実施可能になりますので一度ご相談ください。

当院を受診していただいた病客さまが一人でも多く充実した日々を過ごせるようにサポートさせていただきます。

PAGE TOP