病院の取組み

医療従事者の負担軽減及び処遇改善

当院では勤務医の負担軽減及び処遇改善のため、下記の項目等について取組みを行っております。

処遇改善

  • 予定手術前日は当直及び待機勤務をさせない体制
  • 院内保育園の充実
  • 産休・育休制度の充実
  • 子育て中の医師について、小学校就学前まで勤務時間短縮制度の導入

地域の医療機関との連携、外来縮小の取組み

  • 病診連携を進め、病客にかかりつけ医を持っていただき、当院の役割は、入院・外来(紹介・重症・定期検査)とし、外来の縮小を図る

多職種による業務分担および支援

看護業務
  • 看護師による静脈注射の実施
  • 入退院調整業務の実施
  • オンコール体制による夜間緊急手術、緊急カテーテル、緊急透析への対応
薬剤管理
  • 薬用量、使用法、相互作用など処方内容の確認
  • 抗がん剤の無菌製剤処理
  • 入院病客の持参薬の確認、管理
  • 当直体制による夜間調剤および問い合わせへの対応
  • 病客の服薬指導
  • 新規採用薬情報、添付文書改定情報、副作用情報等の医薬品の情報収集と医師への情報提供
  • 検査・処置による休薬確認
  • 予定胸部手術患者への薬剤管理介入
医療機器管理
  • 医療機器の効率的な中央管理
  • 心臓外科手術、人工透析、心臓カテーテル検査等における機器の操作・管理等
  • 当直体制による夜間緊急手術、緊急カテーテル、緊急透析への対応
検査業務
  • 臨床検査技師によるエコー検査の実施
事務業務
  • 診断書、主治医意見書等の記載の補助
その他
  • 糖尿病センターにおける診療支援
  • ICT(感染症対策チーム)による診療支援
  • AST(抗菌薬適正使用支援チーム)による診療支援
  • NST(栄養サポートチーム)による診療支援
  • 入退院支援センターにおける診療支援
  • 心不全チームによる診療支援
  • D-CASTによる診療支援
  • 診療看護師による診療支援

平成30年4月1日
院長 榊原 敬

PAGE TOP