麻酔科

手術中は麻酔科医が付き添い、
手術室スタッフと共に、
安全な医療のために気を配っています。

手術室で行われる予定手術、緊急手術の麻酔は、当院の麻酔科専従医師が担当します。
病客さまの疾患、手術内容、治療の状況、その時の年齢、体力などを考え合わせ、体への負担が最も少ない麻酔方法を選択します。小さなことでも、不安、疑問な点がございましたら、手術前日の麻酔科訪室時に、遠慮なくお尋ねください。

治療実績はこちら

麻酔について

全身麻酔

当院での手術は基本的に全身麻酔で行います。
いろいろな麻酔薬を組み合わせることで、意識、痛みをとりさり、より良い手術が受けられるようにしていきます。
心臓手術、大動脈瘤の手術の場合は手術後もゆっくり覚めるような麻酔方法をとっています。

硬膜外麻酔

肺の手術、腹部の手術のときに行います。
全身麻酔と併用することで、さらに良好な麻酔状態を得ることができます。
背中からの注射、処置が必要ですが、薬液注入用の細い管(カテーテル)を残しておくことで目的部位の手術中、さらに手術後の鎮痛を得ることができます。

脊椎麻酔

いわゆる下半身麻酔です。
腰部(背中)から極細の針で注射することで2.3時間程度の麻酔状態を得ます。虫垂炎、下肢静脈瘤などの麻酔に適しています。

Pick Up 医師紹介

PAGE TOP