CABG 冠動脈バイパス手術CABG 冠動脈バイパス手術

CABG(冠動脈バイパス手術)とは?

狭心症や心筋梗塞で、狭くなった血管の先(末梢)に新しい血管(バイパス=移植した血管)をつなぎ、血流の流れをつくる手術がCABG(冠動脈バイパス手術)です。病状に合わせて手術方法を選びます。

治療実績はこちら

どんな手術方法があるの?

当院では、病客さまの負担も少なく、術後の回復も早い心拍動下CABG(冠動脈バイパス手術)も積極的に行います。なお、病状によっては、体の負担が少ない心臓手術(低侵襲心臓手術)のうち、胸骨を切らずに肋骨の間を6-7cm小さくあけて行う低侵襲心臓手術(MICS)を積極的に行っています。 その手術症例数は全国でトップクラスです。

低侵襲CABG(冠動脈バイパス手術)のメリットは?

傷が小さく、特に女性の場合は乳房の下縁になり傷がかくれるので、美容上大変優れるだけでなく、胸骨を切らないことから、胸骨正中切開にて行う通常の心臓術後に必要な退院後の運動制限(特に自動車や自転車の運転、スポーツ、肉体労働)が必要でなく、早期に社会復帰が可能など、病客さまに取って非常にメリットのある手術として全国的にも注目を浴びています。また出血も少なく術後の回復も早いことから、高齢者に対しても有用な術式と考えています。

  • 僧帽弁形成術
  • 冠動脈多枝バイパス術

低侵襲CABG(冠動脈バイパス手術)の適応は?

僧帽弁疾患、一部の先天性疾患(心房中隔欠損症)、一部の心臓腫瘍については第一選択の方法としておりましたが、2013年より大動脈弁疾患、さらには冠動脈多枝バイパス手術にまで低侵襲心臓手術(MICS)の適応を広げています。手術についてご質問などありましたら、いつでもご質問ください。(手術相談窓口

PAGE TOP