低侵襲心臓手術(MICS)

低侵襲心臓手術とは?

低侵襲心臓手術とは?

通常大きな胸骨正中切開で行う心臓手術を、できるだけ小さな切開で行う心臓手術全般のことで、英語の略語からMICS(ミックス)と呼ばれています。当院で行っているミックス手術は、肋骨と肋骨の間(肋間)を5〜7cmほど切開して手術する「肋間小開胸」がほとんどです(図1)。

  • (図1)術後の傷跡:胸骨正中切開
  • (図1)術後の傷跡:肋間小開胸
治療実績はこちら

MICS(ミックス)のメリット

当院で行っている肋間小開胸のMICS(ミックス)では、胸骨を切らないため、出血が少なく、傷の感染のリスクもほとんどありません。また、一般的に胸骨正中切開の手術後は、自動車、自転車の運転や上半身を使う肉体労働や、テニスやゴルフなどのスポーツは、約2ヶ月間は控える必要がありますが、ミックス手術ではそのような運動制限はありません。そのため、早期リハビリが可能となり、早期社会復帰が可能になります。
傷が小さく、特に女性では傷口が乳房に隠れほとんど見えなくなります(図2)。

  • (図2)術後の傷跡:女性
  • (図2)術後の傷跡:女性

MICS(ミックス)のデメリット

胸骨正中切開は「大きくて、浅い」、MICS(ミックス)は「小さくて、深い」術野になります。そのため、MICS(ミックス)の手術は格段に難しくなり、手術時間や人工心肺を回す時間、心臓を止める時間も普通よりも長くなってしまいます。それでも、胸骨を切らないというメリットは圧倒的であり、可能と判断した場合は積極的にMICS(ミックス)を行うようにしています。

どのくらいの人がMICSを受けてきたの?

当院では肋間小開胸でのMICS(ミックス)を2005年から開始しました。最近では高齢者でもリスクの低い人には、積極的にMICS(ミックス)を行う方針としています。
最近では年間100例を突破し、2017年は133例の手術症例数となっています。弁膜症だけでなく冠動脈バイパス手術にもミックス手術を取り入れており、全国からMICS(ミックス)希望の病客さまをうけいれています。

どんな病気でMICS(ミックス)ができるの?

当院では条件さえ合えば、基本的にほぼ全ての弁膜症(大動脈弁、僧帽弁、三尖弁)、冠動脈バイパス手術、心臓腫瘍(粘液腫など)、心内血栓除去、不整脈手術に対応しています。僧帽弁形成術の約8割、大動脈弁置換術の約4割、冠動脈バイパス手術の約2割を現在ミックス手術で行っております。
また、当院で行っているミックス手術の特徴として、高齢者の重症大動脈弁狭窄症や、複合弁膜症、多枝冠動脈バイパス術も積極的にMICS(ミックス)で行っています。

誰でもミックス手術を受けられるの?

残念ながら、すべての人でMICS(ミックス)ができるわけではありません。全身の動脈硬化の強い人、肺が悪い人、心機能が低下している人などではMICS(ミックス)はできません。その場合は通常の胸骨正中切開での手術をおすすめしています。
逆に、条件さえ整っていれば高齢者でもMICS(ミックス)は可能で、最近の大動脈弁置換術の半数以上が70歳以上の高齢者でした(図4)。

(図4)大動脈弁置換術の年齢変化

MICS(ミックス)よりカテーテル治療の方が低侵襲なの?

当院でも2013年末から経カテーテル的大動脈弁留置術(TAVI)を行うようになりました。TAVIは開胸せず、人工心肺を用いず、心臓を止めないため、体への負担はMICS(ミックス)よりも更に少ないと言えます。しかしTAVIの適応は現時点で開胸手術のリスクが高い方のみです。TAVIが不要または不適切とされた場合、通常は胸骨切開で手術が行われます。
当院では高齢者の重症大動脈弁狭窄症でもMICS(ミックス)を行っているため、通常開胸手術、MICS(ミックス)、TAVI、どの治療が最も安全なのかを判断し、その人にとってベストの治療法を提示するようにしています。

当院では3つの手術の中からベストの治療を提供します

  • 治療法1 TAVI 経カテーテル的大動脈弁置換術 通常開胸術のリスクが高い方が対象です カテーテルを使って、傷んだ大動脈弁を人工弁に取り換える治療です。治療法1 TAVI 経カテーテル的大動脈弁置換術 通常開胸術のリスクが高い方が対象です カテーテルを使って、傷んだ大動脈弁を人工弁に取り換える治療です。
  • 治療法2 MICS 低侵襲心臓手術 5〜8cm程度の小さな傷で行うため、早期社会復帰が可能です。治療法2 MICS 低侵襲心臓手術 5〜8cm程度の小さな傷で行うため、早期社会復帰が可能です。
  • 治療法3 MICS 胸骨正中切開 20cm前後の傷から行う、機械弁あるいは生体弁を用いた弁置換術です。治療法3 MICS 胸骨正中切開 20cm前後の傷から行う、機械弁あるいは生体弁を用いた弁置換術です。
PAGE TOP