TAVI 経カテーテル的大動脈弁置換術 2013年12月 スタート

TAVIとは

TAVIとは

TAVIとは

傷んだ大動脈弁を、カテーテルで人工弁に取り換える治療です。
※ 従来の手術方法にとってかわるものではありません。

TAVIは、重症の「大動脈弁狭窄症」に対する新しい治療法です。「大動脈弁狭窄症」とは、大動脈弁が動脈硬化によって硬くなり弁の開口部が狭くなる病気で、高齢者に増えています。放っていると息切れや心不全などの症状が出て、1~2年で亡くなる人が多いです。重症の「大動脈弁狭窄症」 、通常の手術ができない方 (超高齢者・心臓手術後の再手術・開胸手術に耐えられないと考えられる人・特殊な薬を内服している人など)が対象になります。適応については、どうぞお気軽にご相談ください。

治療実績はこちら

TAVIのメリット

TAVIの様子

TAVIのメリット

従来の外科的人工弁置換術(手術)に比べて、人工心肺を用いず開胸しないため、体への負担が少なく、高齢者でも治療が可能です。

体への負担が多い 体への負担が少ない
  外科的開胸治療 TAVI
  標準的
大動脈弁置換
MICS 心尖部
アプローチ
鎖骨下動脈
アプローチ
大腿動脈
アプローチ
人工心肺 必要 不要
アプローチ経路 胸骨正中切開
(胸の中央部)
右肋間開胸
(右胸)
左肋間開胸
(左胸)
左鎖骨下
(左肩の下)
鼠径部
(足のつけね)
骨の切開 必要 不要 不要
体への負担度 高い ある程度高い ある程度低い 低い 低い
治療時間
(治療後入院期間)
3〜4時間
(10〜20日)
3〜4時間
(7〜14日)
2時間程度
(7〜10日)
1〜2時間
(5〜7日)
1時間程度
(3〜5日)

TAVI手術成績(2013年12月〜2018年12月、手術数:302例)

TAVI手術時平均年齢 85歳
心臓血管外科手術リスク評価解析 術前平均 STS risk score:7.7%
術前平均 Japan score:7.5%
治療結果

入院中死亡率:0%

歩行退院率: 98.7%
自宅退院率: 85.1%(転院率:14.9%)

(更新日2019年4月22日)

動画 TAVI

TAVIの特徴

チーム医療による安心・安全な医療の提供

従来の外科的人工弁置換術(手術)に比べて、人工心肺を用いず開胸しないため、体への負担が少なく、高齢者でも治療が可能です。

50名を超える多職種カンファレンス参加者(誰でも参加・発言可能)

"ハートチーム"

"ハートチーム"の専門医は特別な訓練を受け、高度な知識と技術を持ち、2013年12月より開始したTAVIは、現在まで多くの症例数を経験しています。

難易度の高い複合手術の施行

当院では、外科内科ともに全国トップクラスを誇る病院であり、MIDCAB(小切開冠動脈バイパス手術)+TAVI、PCI+TAVI、ステントグラフト+TAVIなど、難易度の高い症例に対しても安全に行うことができます。

TAVIカンファレンス

TAVIカンファレンスの実施

TAVI治療は全員可能ではありません。慎重に治療適応、治療方針を決定するため、通常のカンファレンスとは異なり、医師だけでなくコメディカルを含む多職種の"ハートチーム"で週1回、TAVIカンファレンスを開催しています。それぞれの専門的知識と技術を持ち寄って情報の共有化を図り、さまざまな角度から、最適な治療方針を検討します。

当院TAVIカンファレンスの特徴

当院TAVIカンファレンスの特徴当院TAVIカンファレンスの特徴
PAGE TOP