創傷ケアセンター早期発見・早期治療が大切です

老化防止には歩くことが重要。
歩くことができる足を
維持することが目的です。

早期発見・早期治療が大切です。
早期=無症状(痛みがでてからでは進行期です)
治療の時期が遅れれば、切らなければいけなくなります。 微小病変(小さい傷)は専門医でなければ診断は困難です。 早期発見は病客さまの“ひょっとして”と受診の動機が大切です。

治療実績はこちら

創傷ケアセンターについて

対象部位

膝より下の下肢潰瘍を中心に治療いたします。

治療目的

  • 創の早期治療
  • 下肢切断の回避

治療方法

  • 外来にて短期間(14週間)集中的に治療管理
  • 確立された創傷治療の専門プログラム

こんな足をみたら要注意 〜専門医の診察をおすすめします〜

早期なら切らずに治ります

  • 治療前
  • 治療中
  • 約2ヶ月後

糖尿病や動脈硬化は、狭心症、心筋梗塞といった心臓病を引き起こす要因の一部です。
創傷ケアの治療とともに「心臓病」の検査もお勧めいたします。
ご心配の方は、当日医師へお申し出ください。

ご予約・お問い合わせ先
予約制 086-225-7111

病客さまは保健師、医療機関は地域連携室が担当します。

PAGE TOP