消化器科

心臓病など血管・循環器疾患の方も
安心して受診いただけます。

当科の特徴・特色

消化器分野は、食道、胃、小腸、大腸、肝臓、胆嚢、胆道、膵臓という幅広い臓器に生じる様々な疾患があります。主な対象疾患としては、食道炎、食道癌、食道静脈瘤、胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃癌、小腸腫瘍・出血、大腸ポリープ、大腸癌、機能性消化器疾患、感染性腸炎、腸管血流障害による塞栓症や虚血性腸炎などの疾患、肝炎や肝硬変、肝細胞癌、転移性肝癌、胆石、胆管結石、胆のう炎、胆管癌、胆のう癌、膵石、自巳免疫性膵炎、急性・慢性膵炎、膵癌、閉塞性黄疸などが挙げられます。

当院の消化器病・内視鏡センターでは上部・下部消化管を主体とした消化器疾患を中心に消化器疾患全般(上部消化管・下部消化管・肝胆膵)にわたり、診断および治療を行っています。特に心臓病など血管・循環器疾患を背景とした抗血小板療法や抗凝固療法を行われている方や動脈硬化のHigh risk の疾患を背景とした方の薬剤による内科的治療や消化器内視鏡を用いて胃や大腸の内視鏡手術を行っています。さらに循環器内科・心臓血管外科とも連携を行い、循環器疾患を有する方の診断・治療をできるだけ安全に適確に進め、治療・診断レベルを維持し、それぞれの分野において最先端の診断治療を提供できるよう日々精進しております。 具体的には消化管疾患では逆流性食道炎・食道潰瘍・食道癌・アカラシアなどの食道疾患、胃・十二指腸潰瘍・胃癌・胃ポリープなどの胃疾患の診断・治療、ピロリ菌の除菌治療、O-157感染に代表される消化管感染症、大腸癌・大腸ポリープなどの大腸腫瘍疾患などの診断・治療や消化管出血や消化管の腫瘍性病変に対する内視鏡的治療や血流障害で生じた腸管疾患の治療などを診断・診療しています。 また当院だけでは対応できない疾患の治療については診断し、地域のより専門性の高い基幹病院への適切な紹介を遅滞なく行えるように病病連携や病診連携を密に行っています。

消化器内視鏡検査について、胃カメラ(上部消化管内視鏡)や大腸カメラ(下部消化管内視鏡)の機器についても最新鋭の機種を導入し、診断能力の向上や検査による苦痛軽減に努めております。さらに検査の苦痛が予想される内視鏡検査でもできるだけ検査の苦痛を軽減できるように鎮静剤などの薬剤なども適切に用いて内視鏡検査への負担軽減に努めています。また女性の方で男性医師による内視鏡検査に抵抗がある方(特に下部消化管内視鏡)に対しても、女性医師による内視鏡検査を行うことで検査を受ける際の抵抗を減らすように努めています。ご希望に合わせ、外来でお気軽にご相談ください。

胃カメラ・大腸カメラ検査実施曜日

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
胃カメラ ×
大腸カメラ ×
ご予約の際は、消化器内科・消化器外科外来を受診してください。
PAGE TOP