副院長山本 桂三Keizo Yamamoto

山本 桂三
山本 桂三
  • 日本内科学会指導医・認定医
  • 日本循環器学会専門医
  • 日本循環器学会専門医、中国支部評議員
  • 日本心血管インターベンション治療学会名誉専門医
  • 日本心血管インターベンション治療学会中国四国支部運営委員
  • 日本下肢救済・足病学会評議員
  • 日本脈管学会認定脈管専門医
  • 日本外科学会認定血管内治療医
  • 日本心血管脳卒中学会学術評議員
  • 頸動脈ステント指導医
  • 日本体育協会公認スポーツドクター
  • 日本医師会医療安全推進者養成講座修了者
  • TAVI実施医
  • 総合内科専門医
専門領域 TAVI、ストラクチャー、 冠動脈・末梢血管インターベンション

「Total Vascular Care(全身の血管の管理)」をテーマとして、冠動脈から頚動脈、腎動脈、下肢動脈など、心臓病はもとより、あらゆる動脈硬化性疾患の治療を行っています。
循環器診療にあたって、地域の基幹病院としての責務を果たすべく、循環器病のあらゆる分野においての質の高い地域医療を行うことを目指しております。今後あるべき医療の方向として、安全性、病客中心、低侵襲、効率、合理的根拠、透明性、というキーワードがあげられると思います。
高度の医療を安全に施行するための医療機関における組織的な安全体制の確立、病院主体の治療から病客主体の治療への転換、日帰り治療や短期入院の推進、病客自己負担の軽減と高品質の医療行為の両立、ガイドラインや根拠に基づいた合理性のある医療、カルテ開示や病院機能評価、セカンドオピニオンに代表される透明度の高い医療行為と病客プライバシー保護など、古い医療体質から脱却し、地域の方々に選ばれるような医療人でありたいと願っています。

PAGE TOP