特徴他のフィットネスクラブとココが違う!

3つのポイント

若い方からご年配の方まで、幅広い世代の方にご利用いただいています。
無理なくできる運動方法だから、体力に自信のない方も安心です。
いつまでも健康に暮らすためにフィットネスを始めましょう。

1
循環器内科専門医によるメディカルチェック

6ヶ月ごとにメディカルチェックを受け、医師が運動量を決めた「運動処方箋」に基づいた運動を行います。
やみくもに運動するのではなく、一人ひとりの体力に応じた無理のないプログラムを提案します。

効果が見える

いきいき健幸ノートに日々の成果を記録するので、目標を持って運動できます。運動前後で体重・血圧測定などきめ細かく体調管理し、専門スタッフがアドバイスします。

いきいき健幸ノート・・・2,200円
2
管理栄養士による栄養指導

運動と食事を上手に組み合わせることで脂肪が効率よく燃焼し、さらに効果をあげることができます。体力に応じたカロリー計算など、普段の生活に活かせるアドバイスをします。


心臓病センター榊原病院では専門家が指導する健康教室を行っています。お気軽に日々の疑問や心配事などご相談ください。

日時 平日午後
場所 診療棟2階大ホール
3
スタッフとの距離が近い

「きつくないですか?」「こういう姿勢で行いましょう」など、安全で効果的な運動を行うためにお声かけをします。一人ひとりとコミュニケーションを取りながら、個人に応じた無理のない運動指導をします。

運動中話しかけて欲しくない方はお声かけを控えます

メディカルチェック

血液検査・尿検査・負荷心電図・心肺運動負荷試験を行い、体力レベルを判定し、安全で効果的な運動強度を算出します。
6ヶ月ごとにメディカルチェックを行い、運動プログラムの見直しを行います。

運動療法処方箋

メディカルチェックの結果をふまえ、医師が安全で有効な運動量を決めた「運動療法処方箋」を発行し、それに基づいた運動を行います。
通われている会員さんの平均年齢は68歳。最高齢は92歳()。無理なくできる運動方法なので、体力に自信のない方も安心です。

2021年4月現在

Q&A

Q.メディカルフィットネスとは
A.【医療法42条施設】医師の指導のもと疾病の改善や予防のために運動を行う施設です。
Q.どんな人が対象なの?
A.生活習慣病やハイリスク(※)の方が対象です ※ ハイリスク…糖尿病、高血圧、心臓病、脂質異常症、高齢者、喫煙
Q.メタボリックシンドロームとは?
A.内臓脂肪の蓄積により、高血圧・高血糖・脂質異常症などの危険因子が重複した状態です。
Q.メタボリックシンドロームを放置すると?
A.動脈硬化が進行し、心臓病や脳卒中といった死に至る病気を招きます。運動をすることでメタボリックシンドロームを予防・改善し、病気を防ぎましょう。
Q.ロコモティブシンドロームとは?
A.運動器の障害によって日常生活で人や道具の助けが必要な状態、またはその一歩手前の状態です。
Q.食生活はどうすればいいの?
A.メディカルフィットネスでは運動だけでなく、食事を含め総合的な生活習慣指導を行います。また、榊原病院では健康教室を平日午後に行っています。各教室はそれぞれの専門家が行うので、お気軽に日々の疑問や心配事などご相談ください。

メディカルフィットネスの設備

プール
25m×3コース

アクアビクス、はじめて4泳法、水中サーキット、水中ウォーキング&ジョギング、水中リズムなど様々な教室を行っています。また、自由に泳げるコースもあります。

フィットネスフロア

トレッドミルや自転車エルゴメーターなど、心臓リハビリテーションに使用する専門機器で運動できるので、体力に自信のない方も無理なく運動できます。
らくらくサーキット、健康体操、ピラティス、ヨーガ、ボール運動など、高齢者にもやさしい様々な教室があります。

PAGE TOP