社会医療法人社団十全会 心臓病センター榊原病院


Powered by Google
文字サイズ
大 中 小
「ステントグラフト内挿術」 吉鷹医師が山陽新聞に紹介されました
  心臓から血液を運ぶ大動脈がこぶ状に膨らみ、破裂すれば命に関わる大動脈瘤(りゅう)。心臓病センター榊原病院は、カテーテル(細い管)を使って患部に人工血管を留置する「ステントグラフト内挿術」に力を入れている。従来の外科手術より体の負担が軽く、早期に退院、社会復帰できる。
※画像をクリックすると大きい記事が見られます。
(2012年11月5日 山陽新聞MEDICA 掲載)
治療 検査 外来・入院のご案内 病客さまへ
TAVI(タビ:タヴィ:経カテーテル的大動脈弁置換術) 日帰り/1泊心臓カテーテル検査 診察を受ける方へ ニュース
CABG(冠動脈バイパス手術) 320列冠動脈CT検査 入院される方へ 健康と糖尿病の教室
エキシマレーザー 内視鏡検査 館内案内 心肺蘇生法(AED)
ロータブレーター 当院で行える検査 医療相談窓口 出張講演会(無料)
低侵襲心臓手術(MICS:ミックス)     病院NOW
大動脈瘤 再発予防 求人情報 シンゾウくんと学ぼう
PCI(冠動脈ステント治療) リハビリテーション 初期研修医 糖尿病友の会
カテーテルアブレーション(不整脈) 50歳からのフィットネスクラブ 後期研修医 お見舞いメール
心臓ペースメーカー・ICD 生活習慣病予防 看護部 症例相談
創傷ケアセンター     求人一覧    
頚動脈ステント留置術 症例数   よくある質問
腎動脈ステント留置術 治療実績(2015年)      
植込み型ループ式心電計(不整脈)        
眼科(白内障手術など)